窓をあけて

ハレの日ケの日こぎんの日

さぁ~  



風に吹かれて思ったのは、
自分のこだわりに、逆に縛られていたということ。
もっと、柔軟にならないと…^^;
あの日の鎮守の杜の空気を忘れずに、
さぁ、作ろう。。。

Posted on 00:10 [edit]

category: 折々

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

リンク

ようこそ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム