窓をあけて

ハレの日ケの日こぎんの日

夏至  




朝からどしゃ降り。
木々は洗われ、森は迫ってくるよう。
朝から明るさが変わらず、何時かわからない一日。

こんな日は、落ち着いて一日中チクチク^ ^
雨なので、水玉のような文様を刺してみました^ ^

Posted on 16:59 [edit]

category: 折々

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

リンク

ようこそ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム